京都府向日市の小児科・アレルギー科

TEL.075-922-0794

〒617-0002 京都府向日市寺戸町八反田36-6
診療時間 午前 9:00~12:00 午後 18:00~20:00
休診日 日曜日・祝日

ごあいさつ

理事長 加藤 一博 のあいさつ

理事長 加藤 一博
理事長 加藤 一博

アナログ人間の小児科医です。
私が小児科医になりました頃、小児科専門医は少なく、子供達が多く、小児感染症中心に超多忙の日々でした。
それから半世紀が経ち、時代は一変、少子高齢化の時代に突入、感染症は激減、アレルギー疾患、内分泌疾患、神経疾患、腫瘍疾患等、同じ疾患でも個人差が多く、治療も一律には考えられなくなりました。

私が過労気味で現在は診療そのものは行っておりませんが、
新旧のコラボレーションで明るい未来を担う子供達がすこやかに育ってくれる様、頑張っていきたいと思っております。

略歴

  • 大阪医科大学卒業後、大学院にて「風疹と先天性奇型」を研究し、医学博士の学位を取得。
  • 以後は大学病院にて診療と研究に従事し、大阪府済生会茨木病院の小児科部長として3年間勤務した後、昭和48年8月からこの地に開業し、現在に至る。

院長 加藤 博文 のあいさつ

院長 加藤 博文
院長 加藤 博文

父から引き継ぎ、平成26年度より院長となりました。
また、アナログ人間の父に代わって、このホームページの立ち上げ、自動血液検査装置の設置、電子カルテ導入等、色々とIT化も行ってきました。
私は子供の頃は向日市でずっと過ごしてきました。 しかし、小児科医になってからの約17年間は滋賀県民となり、滋賀の小児医療に携わってきました。
平成23年から少しずつこちらを手伝い始め、徐々に診療の中心をこちらに移してきました。

私は滋賀医科大学では主に小児の白血病やがんを中心に診療をしてきましたが、元々色々な分野に興味がありましたので、白血病やがんだけにこだわらず、小児の様々な疾患を幅広く経験し、学んできたつもりです。
しかし、今や小児医療の世界も日々新たな情報が生まれたり淘汰されたりしながら、刻々と変化しています。父親から学ぶべきは学び、新しい情報にも常に耳を傾け、しかしそれに振り回されないよう、自分の診療を行っていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

略歴

  • 平成7年に滋賀医科大学医学部を卒業し、滋賀医科大学小児科に入局。
  • 2年間の研修の後、近江八幡市民病院(現 近江八幡市立総合医療センター)小児科に2年間勤務。
  • その後滋賀医科大学の大学院にて小児がんの研究で学位(医学博士)を取得、そのまま滋賀医科大学で主に小児がんと白血病を中心に診療を行う。
  • 2年間の小児科病棟医長を経て、平成24年6月末で滋賀医大を退職。
  • 以後、当院の診療を徐々に引き継ぎ、H26年度より院長となり、現在に至る。
  • 小児科学会認定 小児科専門医。

医師 加藤 亜依子

平成26年より当院の診療に加わりました。京都市出身で、高校時代より医師を志し、医学を学ぶ中で患者さんを全身的、総合的に診ていきたいと思い小児科医になりました。

小児科専門医としては、常に心身ともに健やかな発育を目指して診療していきたいと考えています。病気だけでなく育児に関するご相談にも医学的観点から対応してまいります。
アレルギー専門医としては、進歩の著しい治療法を常にアップデートするよう心がけ、喘息やアトピー性皮膚炎はもちろん食物アレルギーの診療にも力を入れていきたいと思います。

略歴

  • 平成11年滋賀医科大学医学部卒業、滋賀医科大学小児科に入局
  • 滋賀医科大学附属病院の他、近江八幡市民病院、日野記念病院に勤務
  • 平成18年以降は滋賀医科大学研究生/非常勤講師として小児アレルギー診療に携わる
  • 平成26年より当院勤務
  • 小児科学会認定 小児科専門医
  • 日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医
▲ TOP